ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

町長ごあいさつ

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月1日更新

 

町長 2期目就任ご挨拶  

町長写真 このたび、町民の皆様をはじめ各方面の方々から力強いご支援と暖かいご厚情を賜り、引き続き町政の担うこととなりました。その責任の重さを痛感するとともに、全身全霊で取組む覚悟でございます。

 平成27年に町長に就任以来「島の皆が未来に希望を持って元気に働き、お年寄りが安心して暮らせ、子どもたちの明るい笑い声が絶えない」そんな島をつくることを基本的コンセプトとし、町政運営に当たってまいりました。 2期目におきましてもこのコンセプトの基着実に一歩ずつ歩みを進めていきます。

 私の目指すまちづくりの方向性としては、当面の間、社会福祉施設の充実に努めながら、農業・漁業振興の施策を着実に積重ね、前進させ、経済成長の即効性の高い観光産業の施策展開に努めることと考えています。産業振興を図ることが、少子高齢化、人口減少対策等諸課題解決と確信していますので、創業支援等に対する取組みも強化していきます。

 また、平成25年伊豆大島土砂災害により被災した神達・丸塚地域等を人々が集う憩いの場・鎮魂の場としてよみがえらせ、災害に強い、被災を繰り返さないまちづくりを構築することです。

 以上のことから、大きく分けて町の最優先課題を次の2つとします。

  (1) 産業振興   (2) 土砂災害復興

 この2大テーマの達成に向けて取組むことが大島町の成長戦略と思っております。

 また将来的ビジョンとしては、現在官民協働による洋上風力発電整備のプロジェクトが進行中です。産業振興及び町財政を考えましても大島町が経済成長を図るための有効な手段であるため、実現に向けて様々な高いハードルがありますが、実証実現の目途が立った段階で住民説明会の開催を考えています。

 私が考える大島町の将来に向けての針路、グランドデザインは以上ですが、町民皆様の一人ひとりが心豊に満足して暮らせるよう、そんな大島の実現に向けて、誠心誠意努力していく所存でございます。そのために、今後行政活動を進めるに際しましては、皆様の声を聞く、分かりやすく具体的な仕組みを作りたいと考えています。未来に希望が持てる島を目指し、町民の皆様方のご協力をお願い申し上げまして、就任のご挨拶といたします。

バックナンバー