ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国民健康保険の手続き

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年5月20日更新

 国民健康保険制度とは

 国民健康保険(国保)は、私たちが病気や怪我をしたときに「保険」によって安心して治療が受けられるように、日頃から国保加入者の皆さんがお金(保険税)を出し合って、お互いを助け合う制度です。制度の運営は、お住まいの都道府県(東京都)・市区町村(大島町)が協力して担います。
 また、介護を必要とする高齢の方を社会全体で支える介護保険制度、75歳以上(一定の障害がある方は65歳以上)の方が加入する後期高齢者医療制度も、国保は医療保険者として支えています。

国保に加入する方(被保険者)

 ・職場の健康保険に加入している方
 ・後期高齢者医療制度に加入している方
 ・生活保護を受けている方
  上記以外のすべての方は国保に加入しなければなりません(国民皆保険制度)。

国保の届出

 国保の加入及び喪失があった場合は、発生日から14日以内に町役場住民課(または各出張所)にて手続きをしてください。

国民健康保険に加入する

加入手続き方法一覧
こんなとき届出に必要なもの
島外から転入してきたとき本人確認できるもの
職場の健康保険をやめたとき
またはその扶養家族でなくなったとき
健康保険の離脱証明書、退職証明書 等
子供が生まれたとき「出産育児一時金」の申請が出来る場合もあります。
生活保護を受けなくなったとき保護廃止決定通知書
外国人住民で住民票が作成されたとき
(在留期間が3ヶ月を超える等)
在留カードまたは特別永住者証明書、パスポート

 国民健康保険をやめる

喪失手続き方法一覧
こんなとき届出に必要なもの
島外へ転出したとき国保被保険者証

職場の健康保険に加入したとき
または、その扶養家族となったとき

国保被保険者証と職場の健康保険証(未交付のときは証明できるもの)
生活保護を受けることになったとき国保被保険者証、保護開始決定通知書
死亡したとき国保被保険者証
外国人の加入資格がなくなったとき国保被保険者証、在留カードまたは特別永住者証明書

その他

住所等変更手続き方法一覧
こんなとき届出に必要なもの
島内で住所が変わったとき国保被保険者証
世帯主、氏名などが変わったとき国保被保険者証
世帯が分かれたり一緒になったとき国保被保険者証
国保被保険者証をなくしたり、よごれて使えなくなったとき身分証明できるもの、
被保険者証再交付申請書 [PDFファイル/100KB]
修学のため、子どもが島外の市区町村に転出したとき国保被保険者証、在学証明書
 取り扱いの注意事項

●住所・氏名など記載事項をよく確認してください。間違いや訂正がある場合は、住民課窓口にお申し出ください。
●国保の資格がなくなったら、すぐに喪失の届出をお願いします。資格喪失後に国保被保険者証で診療を受けると、後日医療費の返還が生じます。
 

保険証が使える範囲

病気や怪我で診療を受けるとき、国保被保険者証を提示すれば、医療費総額の2~3割を支払うだけで診療が受けられます。

国保で受けられる診療(保険給付の対象)

 ●診察
 ●病気や怪我の治療
 ●治療に必要な薬や注射
 ●レントゲン撮影、検査
 ●入院及び看護(食事代は改めて負担です)

国保で受けられない・または制限される診療

 ●正常な妊娠、出産
 ●経済上の理由による人工妊娠中絶
 ●健康診断、集団検診、予防接種
 ●歯列矯正、美容整形
 ●労災保険の対象となる仕事上の病気や怪我

 ●犯罪や、けんか、泥酔、故意による病気や怪我
 ●医師の指示に従わなかったとき

国保被保険者証の有効期限

令和4年4月現在で、国保被保険者証の有効期限は令和5年9月30日までとなっています。
ただし、次の期日が令和3年9月30日より早い場合、その期日が有効期限となります。
 ・75歳の誕生日の前日
 ・70歳の誕生日の属する月(1日生まれの場合は前月)の末日
 ・在留期間満了日の翌日
 ・退職被保険者(本人)の方が65歳になる場合、誕生日の属する月(1日生まれの場合は前月)の末日

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)