ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらしの情報 > 自然・環境・公園 > 環境 > 大島町太陽光発電設備等導入事業について

大島町太陽光発電設備等導入事業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月31日更新

大島町では平成27年度に太陽光発電設備等導入事業計画の策定を行いました。

本事業は、上記の計画を元に太陽光発電のポテンシャルの高い本町において、太陽光発電及び蓄電設備を公共施設や避難所等に設置し、
地域の防災力を高めるとともに、低炭素型島づくりを進めていくことを目的としています。

【概要】

大島町内の避難所等の公共施設に、太陽光発電、蓄電池を導入し、太陽光発電により得られた電力を施設内の電力消費に充当することで、
従来の化石燃料由来の購入電力と代替し、低炭素化を図ることを目的としています。

夜間もしくは悪天候時は、蓄電池を活用し、災害時に電力会社からの送電が停止した場合の独自電源としても活用する予定です。

                                  図 事業概要

zu

【計画】

平成28年度中に太陽光発電設備及び蓄電池設備工事の実施設計を行い、平成29年度~平成35年度までの期間中に設備を導入する計画です。
電力系統への接続については、今後、東京電力パワーグリッド(株)と協議を進めます。