ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 町政情報 > 町のプロフィール > 町の紹介 > 大島小史 昭和40年から昭和44年まで

大島小史 昭和40年から昭和44年まで

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年11月2日更新

昭和40(1965)年

【1月】

  • 元町大火元町大火。瞬間最大風速36.2メートルの強風下、11日午後11時10分頃出火、翌12日午前6時45分鎮火。全焼584棟418戸、公共建物の全焼は図書館、大島支庁、郵便局、法務局大島出張所、農協等。
    焼失面積16万5,000平方メートル。
    罹災世帯408世帯1,273人。被害総額20億7,000万円。12日災害救助法適用。3月までの全国からの見舞金総額1億2,880万円。(写真クリックで拡大→)
  • 江の島航路開始。

【2月】

  • 元町大火の登記簿焼失で回復登記始まる。
  • 大島都市計画事業・元町火災復興土地区画整理事業決定。(都予算5億5,000万円)

【3月】

  • プロ野球オープン戦・大洋-東映戦開催。
  • 岡田小学校、初の鉄筋コンクリート校舎として完成。

【5月】

  • 初のメーデー行われる。

【6月】

  • 元町港桟橋で大乱闘、海中へ投げ込まれた1人が死亡、17人を検挙。

【8月】

  • 「明興丸」大島沖で衝突沈没し死者不明18人。
  • 伊東-大島にヘリコプター就航。

【9月】

  • 「藤丸」廃船。

【10月】

  • 元町・差木地を中心に赤痢発生、(死亡1人、隔離27人)
  • 第9回体育祭、赤痢のため中止。
  • このころ、馬力輸送姿を消す。

昭和41(1966)年

【1月】

  • 元町大火一周年記念行事を開催。消防団パレード/早稲田大学吉阪教室等による
    「新しい町づくり」展示会/大火ニュース映画上映/元町の思い出の写真展/大火協力者への感謝状贈呈。
  • 前年大火で中止の成人式を2年同時開催。

【4月】

  • 失業対策特別就労事業開始。
  • 町営火葬場業務開始。

【5月】

  • 元町大火・災害復興町営競馬を大井競馬場で開催
    (5日間売上14億6,000万円、収益1億8,000万円)。
  • 大島支庁新庁舎完成。

【6月】

  • 姉妹島ハワイ・ヒロスクール合唱団33人来島、地元高校生と交歓。
  • 名誉町民を選定(秋広平六、中村清二、林甚之丞)。

【9月】

  • 有線広報施設業務開始。

【10月】

  • 伊豆箱根が大島-熱海航路を廃止。
  • 宮川哲夫作詞・橋幸夫の歌「霧氷」日本レコード大賞受賞。
  • この年民宿始まる。

昭和42(1967)年

【2月】

  • 20年ぶりの大雪(積雪20センチメートル、昭和22年の22センチメートルに次ぐ戦後2番めの記録)。

【3月】

  • ごみ焼却場完成(元町5トン炉、差木地3トン炉)。

【4月】

  • 社会福祉法人「大島社会福祉協議会」設立。
  • 町長選挙、石井松利当選。
  • 第2回元町大火・災害復興町営競馬を大井競馬場で開催。
    (売上15億2,000万円、収益1億9,000万円)

【6月】

  • 「はまゆう丸(1,234トン)」就航。

【7月】

  • 元町区画整理事業完了。
  • 元町の町名町界地番を変更。
  • 野増出張所完成。
  • 全国高校野球東京都予選のベスト16に大島高進出。

【8月】

  • 役場機構改革、水道課及び企画課を新設し観光課を観光商工課に改称。
  • 美濃部東京都知事来島「都民と都政を結ぶ集い」開催。

【9月】

  • 三原山へ電気導入。

【10月】

  • 海上自衛隊館山基地から急患輸送に飛来」のヘリコプターが乳ヶ崎沖に墜落、乗員5名重軽傷。
  • 内藤洋子・黒沢年男主演映画「伊豆の踊子」封切。

昭和43(1968)年

【2月】

  • “台湾坊主”による大雪と強風でキヌサヤに被害。

【3月】

  • つばきを「町の木」に制定。
  • 第三中学校体育館完成。

【4月】

  • 新潟県加茂市と友好都市盟約を締結。

【5月】

  • 加茂市長一行答礼訪問に来島。

【6月】

  • 石井町長ら移民百年祭のハワイ島へ親善訪問。

【7月】

  • 島しょ青年教育研究発表大会開催。

【8月】

  • 地籍調査始まる。
  • 加茂市から中学生初来島。

【9月】

  • 藤井豊乃輔前町長死去(78歳、昭和30年~昭和42年)
  • 初の「爲朝まつり」開催。

【10月】

  • 昭和10年大島公園から脱走の熊騒動に終止符(射殺)。
  • 「島の娘」歌碑除幕式、小唄勝太郎出席。
  • 電話がダイヤル式になる(波浮港局は半自動化)。加入者一挙に倍増。

【12月】

  • 都庁・3支庁・島しょ間に行政無線開通。

昭和44(1969)年

【1月】

  • 石井町長が各地で対話集会。

【3月】

  • 加茂市へ中学生初訪問。
  • 島内5農協の合併中止となる。
  • 第一中学校体育館完成。
  • 役場庁舎増築完成(図書館併設)
  • 都高校春季野球大会ベスト8に大島高進出。

【5月】

  • 観光資料館開館。

【6月】

  • 北の山保育園開園。
  • 元町墓地の移転開始(旧墓地7,700万円で売却)。

【7月】

  • 「かとれあ丸(2,300トン)」就航。
  • 都議会議員選挙に小坂辰義当選。
  • 元町小学校にプール完成。(失対事業)。

【8月】

  • 老人家庭奉仕員設置。

【9月】

  • 波浮港の米軍通信所返還される。
  • ハワイ島・木村ヒロ市長来島。
  • 初の交通信号機、元町役場前に設置。

【10月】

  • 東京-大島、昼の日航便開始。

【11月】

  • 土葬の禁止を実施。